カービングとは、タイで約700年の伝統があるといわれている手工芸です。

起源ははっきりとしていませんが、もともと王宮の食卓を飾るために始められ、
古くはアユタヤ王朝にまで遡るといわれている説が有力です。

読んで名のごとく、
フルーツ・ベジタブル カービングは
西瓜やメロンなどの果物、大根や人参といった野菜にカービングを施したもので

ソープ カービングは
香りもよくインテリアとして長く飾っておける石けんをカービングしたものです。

近年ではソープ カービングがたくさんの方に親しまれつつあります。

日本料理や中華の飾り切り(彫り)とも似た要素を持っています